I TOP I contact I
メディア論、メディア技術史、文化社会学を専攻している飯田豊(立命館大学)のウェブサイトです。
 
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

sign.jpg


研究発表、講演など(抜粋)

2017年2月4日
【講演】飯田 豊「送り手のメディアリテラシー ー2000年代の到達点、10年代の課題」民放労連(日本民間放送労働組合連合会)近畿地連 春闘勉強会(於:大阪府立男女共同参画・青少年センター=大阪)
2017年1月21日
【研究発表】飯田 豊「テレビ研究の今日的課題」MAGNET公開研究会「いま、テレビになにが可能か#02 ―情況から考える」(於:関西大学梅田キャンパス=大阪)
2017年1月13日
【ラジオ出演+ニコニコ生放送】中国放送(RCC)ラジオ「勝手にトークひろしま!(ソーシャルメディアを語ってみた2017)」(於:中国放送=広島)
2016年12月17日
【鼎談】今野 勉・松井 茂・飯田 豊、MAGNET公開研究会「いま、テレビになにが可能か#01 ―その草創期から問いなおす」(於:成蹊大学丸ノ内サテライトオフィス=東京)
2016年12月1日
【講演】飯田 豊「ソーシャルメディア社会を生きる ―大学教育における課題と展望」(於:福山市立大学=広島)
2016年11月28日
【鼎談】玉田玉秀斎(旭堂南陽)・毛原大樹・飯田 豊「テレビと講談 ―旭堂南陽、最後のテレビ出演」(於:CEKAI=京都)
2016年11月17日
【司会】亀田誠治氏特別講義「亀田誠治の音楽学校 ―音楽と超感動」(於:立命館大学衣笠キャンパス以学館4号教室=京都)
2016年11月12日
【研究発表/討議】飯田 豊「メディア・イベント概念の理論的再構築に向けて」シンポジウム「戦後日本におけるマス・メディア受容と現代芸術の文化学」(於:キャンパスプラザ京都=京都)
2016年10月29日
【研究発表/討議】飯田 豊「1970〜80年代における「ビデオ」のメディア論」日本マス・コミュケーション学会秋季研究発表会/メディア文化研究部会ワークショップ「メディアとしてのビデオ ―映像の保存・所有をめぐる感覚の歴史と現在」(於:帝京大学八王子キャンパス=東京)
2016年10月20日
【司会】『海よりもまだ深く』是枝裕和監督ティーチイン上映会(於:立命館大学衣笠キャンパス以学館1号ホール=京都)
2016年8月20日
【研究発表/討議】飯田 豊「エフェメラル・メディアとしての写真、あるいはデジタル技術」第3回新・視覚芸術研究会公開シンポジウム「デジタル時代における記憶と伝達」(於:C.A.P. 芸術と計画会議=兵庫)
2016年8月17日
【ラジオ出演】中国放送(RCC)ラジオ「おひるーな」(於:中国放送=広島)
2016年7月15日
【講演】飯田 豊「テレビが見世物だったころ ―初期テレビジョンの考古学」(於:NHK放送文化研究所=東京)
2016年6月11日
【コメンテータ】第59回文化社会学研究会「飯田豊著『テレビが見世物だったころ ―初期テレビジョンの考古学』書評会」(評者は長谷正人氏)(於:早稲田大学=東京)
2016年5月29日
【鼎談】佐藤守弘・大澤 聡・飯田 豊「メディアの近代を逆なでに読む ―『テレビが見世物だったころ』刊行記念」(於:MEDIA SHOP=京都)
2016年4月26日
【講演】飯田 豊「テレビが見世物だったころ ―初期テレビジョンの考古学」立命館大学ライスボールセミナー(於:立命館大学衣笠キャンパス創思館カンファレンスルーム=京都)
2015年12月6日
【司会】「倉木麻衣さんと語ろう!―産社での学びと世界的アーティストへの飛翔」立命館大学産業社会学部創設50周年記念イベント(於:立命館大学衣笠キャンパス明学館=京都)
2015年11月27日
【講演】飯田 豊「青少年とソーシャルメディア」京都市ユースサービス協会(於:中京青少年活動センター=京都)
2015年11月19日
【講演】飯田 豊・毛原大樹「無線的創造力 ―ラジオ・アートの思想と実践(呼吸するART&DESIGN 2.2)」(於:京都精華大学=京都)
2015年10月23日
【講演】飯田 豊「ネット社会における子どもたちと人権」西宮市立甲東小学校PTA人権推進委員会(於:西宮市立甲東小学校=兵庫)
2015年9月13日
【コメンテータ】2015年 社会情報学会 学会大会 「メディア史、メディア文化」部会(於:明治大学駿河台キャンパス=東京)
2015年9月2日
【ラジオ出演】中国放送(RCC)ラジオ「おひるーな」(電話出演)
2015年8月28日
【ラジオ出演】中国放送(RCC)ラジオ「Canvas」(於:中国放送=広島)
2015年7月19日
【研究発表/討議】飯田 豊「大阪万博以後 ─複合メディア環境における「メディア・イベント」概念の射程」+伊村靖子・ケンヨシダ・原久子・金山智子・飯田 豊・松井 茂「社会工学の想像力と芸術」研究会「戦後日本におけるマス・メディア受容と現代芸術の文化学」(於:情報科学芸術大学院大学(IAMAS)=岐阜)
2015年6月12日
【司会】「「文化産業論」を問い直す ―カルチュラル・スタディーズからクリエイティブ産業論まで」(於:キャンパスプラザ京都=京都)
2015年5月24日
【研究発表】飯田 豊「発表会文化における「物言わぬアマチュア」」『発表会文化論』の発表会(於:東京藝術大学千住キャンパス=東京)
2015年5月17日
【講演】飯田 豊「ソーシャルメディア社会を生きる」広島県立府中高等学校PTA総会(於:広島県立府中高等学校=広島)
2015年3月20日
【コメンテータ】「カルチュラル・トラジェクトリー ―文化/カルチャー/Cultureをめぐる修士論文等報告会」(於:兵庫県中央労働センター=兵庫)
2015年2月17日
【講演】飯田 豊「大学教育におけるソーシャルメディア利用の課題と展望」立命館大学大学院先端総合学術研究科「メディアデバイスから開く/閉じるパートナーシップ ―ソーシャルメディア・ハラスメント・大学」(於:立命館大学衣笠キャンパス創思館=京都)
2015年1月28日
【対談】毛原大樹・飯田 豊「ラジオ・アートの思想と実践」京都メディアフォーラム第17回例会(於:HAPSスタジオ=京都)
2014年11月27日
【聞き手】猪子寿之講演会「これからを“つくる”若者に向けて」(於:立命館大学衣笠キャンパス以学館1号ホール=京都)
2014年11月25日
【対談】飯田 豊・三浦 基『ワーニャ伯父さん』(劇団・地点)アフタートーク(於:アンダースロー=京都)
2014年9月7日
【研究発表/討議】飯田 豊「写真文化におけるアマチュアリズムの歴史的変容」+新津保建秀・港 千尋・水野勝仁・飯田 豊・粟谷佳司・馬場伸彦「デジタルメディア時代の芸術作品」六甲山国際写真祭・国際シンポジウム「デジタルメディア時代の視覚と世界変容 —写真とその周辺領域において何が起きているのか」(於:六甲山YMCA=兵庫)
2014年4月14日
【講演】飯田 豊「ソーシャルメディアの現在 ―その留意点と活かし方」(於:京都桂看護専門学校=京都)
2013年11月23日
【研究発表】飯田 豊「社会教育としてのメディアリテラシー実践の動向」奈良女子大学附属中等教育学校 2013年度 公開研究会(於:奈良女子大学附属中等教育学校=奈良)
2013年11月16日
【座談会+UST】飯田 豊・金尾雅彦・毛原大樹・土屋祐子・林田真心子・毛利嘉孝・水越 伸「ラジオ生態系の遷移」+ Knut Auferman・Matthew Fuller・飯田 豊・毛原大樹・水越 伸「ラジオの身体・ラジオの政治」シンポジウム「ラジオのメディア・エコロジー」(於:YCAM 山口情報芸術センター=山口)
2013年9月20日
【研究発表】Yutaka IIda "From Banpaku to NICONICO Cho-Kaigi: The Transformation of Media Events in Japan" Vortrag: Media Culture InterTalk: The New Paradigm in Media Action in Japan(Universität Leipzig=Germany)
2013年9月15日
【研究発表/コメンテータ】光岡寿郎・大久保遼・近藤和都・飯田 豊「遍在するスクリーンを理解する ーその方法と可能性」2013年 社会情報学会 学会大会 ワークショップ(於:早稲田大学=東京)
2013年5月18日
【研究発表】飯田 豊「趣味のテレビジョン ―技術思想としてのアマチュアリズム」現代風俗研究会・東京の会(於:関東学院大学 関内メディアセンター=神奈川)
2013年4月21日
【テレビ出演】テレビ朝日「はい!テレビ朝日です」(インタビュー)
2013年3月16日
【コーディネータ】「メディア、地域、グローカル ―持続展開するコミュニティ・ビルディングを手がかりに」MAGNET第1回研究会(於:光明寺会館=広島)
2013年2月22日
【講演】「聞かせて先輩 ―人生との交差点」(於:広島県立府中高等学校=広島)
2012年12月7日→12月16日O.A
【UST+ラジオ出演】中国放送(RCC)ラジオ「勝手にトークひろしま!(どうなる?福山)」(於:中国放送福山支局=広島)
2012年11月26、27日
【講演】飯田 豊「ヤンキー文化の社会学」バークレイズ証券株式会社主催 投資家ミーティング(於:JPモルガンAM、BlackRock、ニッセイAM、日興AM、三井住友信託銀行、みずほ信託銀行、野村AM、りそな銀行、フィデリティ投信=東京)
2012年7月27日
【研究発表】飯田 豊「初期テレビジョン技術の社会史 ―その今日的意義について」立命館大学産業社会学部共同研究会(於:立命館大学衣笠キャンパス修学館 産業社会学部共同研究室=京都)
2012年7月12日
【ラジオ出演】エフエムふくやま「GO!GO!B びんご~」(電話出演)
2012年3月24日
【座談会】『高校生のための映画館@尾道 ―高校生と学ぶ映画教室』(座談会ワークショップ)」(於:シネマ尾道=広島)
2012年2月10日
【講演】飯田 豊「ネット文化の変遷から放送の将来を考える」中国放送社内講演会(於:中国放送=広島)
2011年12月21日
【講演】飯田 豊・内垣戸貴之・筒本和広「大学におけるICT教育の現状と展望」『福山大学FD研修会』(於:福山大学=広島)
2011年11月29日
【講演】飯田 豊「ネット社会における情報モラル教育とは」『尾道小学校教育研究会情報教育部会』(於:尾道市立栗原小学校=広島)
2011年11月25日
【講演】飯田 豊「ネット文化の変遷からテレビの将来を考える ー大学生に対する視聴状況調査を踏まえて」『中四国映像製作社連盟 秋の総会』(於:アークホテル岡山=岡山)
2011年11月21日
【講演/研究討議】飯田 豊「ネット社会における情報モラル教育とは」『尾道中学校教育研究会情報教育部会』(於:尾道市立美木中学校=広島)
2011年11月16日
【講演】「聞かせて先輩 ―人生との交差点」(於:広島県立府中高等学校=広島)
2011年11月6日→11月12日O.A.
【UST+ラジオ出演】中国放送(RCC)ラジオ「勝手にトークひろしま!(ソーシャルメディア×広島)」(於:中国放送=広島)
2011年10月5日
【講演】飯田 豊「自然災害とメディア ―ラジオからツイッターまで」『福山大学公開講座 ―自然災害と人間』(於:三原市中央公民館中講堂=広島)
2011年10月1日
【講演】飯田 豊「自然災害とメディア ―ラジオからツイッターまで」『福山大学公開講座 ―自然災害と人間』(於:福山大学1号館=広島)
2011年8月9日
【研修講師】飯田 豊「教科『情報』の授業で、デジタルメディアをどう扱うか」『「教科指導、生徒指導その他教育の充実に関する事項」に関する免許状更新講習』(於:福山大学人間文化学部=広島)
2011年7月28日
【講演/対談】飯田 豊・平尾順平「メディアとは何か ―情報化社会を正しく生きる」おのみち市民大学「メッセンジャー養成講座」(於:テアトルシェルネ(しまなみ交流館)市民ギャラリー=広島)
2011年7月25日
【講演】飯田 豊「ネット文化の変遷から、テレビの将来を考える」広島ホームテレビ社内講演会(広島ホームテレビ本社=広島)
2011年7月14日
【講演】飯田 豊「これからのメディアとのつきあい方」尾道市学校保健会講演会(於:尾道市公会堂別館=広島)
2011年6月12日
【審査/講評】NHK杯・全国高校放送コンテスト 広島県大会 審査員(ラジオドラマ部門の専門委員)(於:福山市立福山中・高等学校=広島)
2011年5月15日
【講演/討議】飯田 豊「メディアを”着脱”することのリテラシー」+ 木暮祐一・上松恵理子・飯田豊・坂本旬・岡田朋之「モバイル・メディア社会から見える教育の未来」『デジタル教科書から見える教育の未来』シンポジウム(於:「大阪ユビキタス協創広場 CANVAS」内田洋行大阪支店 未来の学習空間=大阪)
2011年4月3日→4月17日O.A.
【UST+ラジオ出演】中国放送(RCC)ラジオ「勝手にトークひろしま!(3.11 広島で)」(於:中国放送=広島)
2011年2月17日
【講演】飯田 豊「メディア論のすすめ/大学で学ぶということ」広島県立福山明王台高等学校講演会(於:みろくの里本館=広島)
2011年2月16日
【講演】飯田 豊「デジタルメディアと組織、地域の新しい結びつき方を探る」中国地域ニュービジネス協議会広島東部支部講演会(於:福山大学社会連携研究推進センター=広島)
2011年2月6日
【審査/講評】広島県高等学校放送文化連盟 福山支部・尾三支部 番組制作コンテスト 審査員長(於:福山市立福山高等学校=広島)
2011年1月8日
【討議】飯田 豊・栗本友香理・奥濱尚野・岩本一貴(聞き手)『パリ20区、僕たちのクラス』ティーチイン(於:シネフク シネマモード1=広島)
2010年11月26日
【コーディネータ】『メディアと市民の新しい結びつき方をさぐる ―民放連メディアリテラシー・フォーラム in 大阪』(於:関西大学=大阪)
2010年11月20日
【コーディネータ/討議】木暮祐一・高宮由美子・匹田 篤・飯田 豊「子どもとメディアのこれからにむけて!」発達に応じたコミュニケーション体験事業(独立行政法人福祉医療機構社会福祉振興助成事業)『メディア表現によるコミュニケーションスキルアップ講座』(於:広島市女性教育センター=広島)
2010年10月2日
【コーディネータ/討議】第51回ICTE情報教育セミナー+メルプラッツ第22回公開研究会「デジタル教材と学びのコミュニティ」(於:福山大学社会連携研究推進センター=広島)
2010年9月24日
【実践報告/コーディネータ】飯田 豊「クロスメディア市民参加型のメディア遊びへ」『メディアと市民の新しい結びつき方をさぐる ―民放連メディアリテラシー・フォーラム in 福岡』(於:天神クリスタルビル=福岡)
2010年8月27日
【ラジオ出演】エフエムゆめウェーブ「エンタメウェーブ」(事前収録)(於:エフエムゆめウェーブ=岡山)
2010年8月10日
【研修講師】飯田 豊「教科『情報』の授業でケータイをどう取り扱うか」『「教科指導、生徒指導その他教育の充実に関する事項」に関する免許状更新講習』(於:福山大学人間文化学部=広島)
2010年8月3日
【講演】飯田 豊「電子メディアと子どもたち」尾道小学校教育研究会 生徒指導部会(於:尾道市立吉和小学校=広島)
2010年7月12、15日
【ラジオ出演】FMハムスター「Open Sound Community」(事前収録)(於:FMハムスター=広島)
2010年7月10日
【コーディネータ/討議】シンポジウム「子どもたちと電子メディアとの健全な関係を目指して」(於:尾道市民センターむかいしま文化ホール=広島)
2010年6月22日
【講演】飯田 豊「ケータイのメディアリテラシー」広島経済大学メディアビジネス学科 生明俊雄ゼミ 土屋祐子ゼミ(於:広島経済大学=広島)
2010年6月13日
【審査/講評】NHK杯・全国高校放送コンテスト 広島県大会 審査員(ラジオドラマ部門の専門委員)(於:広島国際大学=広島)
2010年6月12日
【トークイベント】飯田 豊・岩本一貴(聞き手)『シネマ・クリティーク vol.01(フローズン・リバー)』(於:シネフク大黒座=広島)
2010年5月26日
【講演】「聞かせて先輩 ―人生との交差点」(於:広島県立府中高等学校=広島)
2010年3月18日
【研究発表】飯田 豊「科学技術コミュニケーションとメディアリテラシー ―調停と実践のメディア論」MMS(武蔵メディアと社会)研究会 最終報告会(於:武蔵大学=東京)
2010年3月6、7日
【ポスター展示】「和歌山放送ねくすと☆プロジェクト」(和歌山放送× 民放連メディアリテラシー実践プロジェクト × Media Exprimo)『MELL EXPO 2010』(於:東京大学 福武ホール=東京)
2010年2月19日
【実践報告】飯田 豊・沼 晃介・花井歩高・林輝・中川智美・古城ゆかり「和歌山放送ねくすと☆プロジェクト」民放連メディアリテラシー実践プロジェクト報告会(於:日本民間放送連盟=東京)
2010年2月7日
【審査/講評】広島県高等学校放送文化連盟 福山支部・尾三支部 番組制作コンテスト 審査員長(於:広島県立誠之館高等学校セミナーハウス=広島)
2010年1月25日
【研究発表】飯田 豊・沼 晃介・花井歩高「送り手と受け手が協働で番組を作る ―和歌山放送メディアリテラシー活動の報告」”実践的メディア”研究会(於:桃山学院大学=大阪)
2009年12月19日
【コメンテータ】メルプラッツ第17回公開研究会「地域文化とメディア実践 ―瀬戸内で育まれる協働コミュニティ」(於:広島経済大学立町キャンパス=広島)
2009年11月22日
【審査/講評】広島県高等学校放送文化コンクール(広島県高等学校総合文化祭 放送文化部門)審査員(ビデオメッセージ部門の専門委員)(於:広島市立舟入高等学校=広島)
2009年11月6日
【ポスター展示】沼 晃介・飯田 豊「ケータイ・トレール in 南海放送」第3回領域シンポジウム「表現の未来へ」JST CREST「デジタルメディア作品の制作を支援する基盤技術」(於:東京大学生産技術研究所=東京)
2009年11月6日
【コメント提供】『およよん NEWS&TALK』(日テレNEWS24)
2009年11月4日
【講演/ワークショップ】飯田 豊「ケータイって何だろう?」福山市立福山高等学校「i.dream 学問探究講座」(於:福山市立福山高等学校=広島)
2009年10月31日
【講演/討議】飯田 豊・山垣内雅彦・金廣絵美・山村 心・毛利 葉「思春期におけるICTメディア —よりよい関係の構築を目指して」平成21年度広島県高等学校PTA連合会広島県大会(於:広島アステールプラザ=広島)
2009年10月5日
【研究発表】飯田 豊「科学技術コミュニケーションとメディアリテラシー実践の交叉点 ―「公開実験」の歴史社会学を端緒として」MMS(武蔵メディアと社会)研究会 中間報告会(於:武蔵大学=東京)
2009年8月10日
【研修講師】飯田 豊「教科『情報』の授業でケータイをどう取り扱うか」『「教科指導、生徒指導その他教育の充実に関する事項」に関する免許状更新講習』(於:福山大学人間文化学部=広島)
2009年7月25日
【講演/討議】飯田 豊「ケータイをめぐる日常経験を共有する教育実践の可能性 ―若者のケータイ利用をとりまく問題群の構図を踏まえて」+内垣戸貴之・飯田 豊・池田 明「教科『情報』の授業でケータイをどう取り扱うか ―情報モラル教育の過去、現在、未来からキーコンセプトを見つけ出す」『第46回ICTE情報教育セミナー in 福山 ―新学習指導要領の告示を受けて』(於:福山大学社会連携研究推進センター=広島)
2009年6月27日
【研究発表/討議】南後由和・飯田 豊「ヤンキー文化の弛緩 ―落書き/グラフィティをとおして」シンポジウム「ヤンキー文化を考えることの可能性」(於:早稲田大学文学学術院=東京)
2009年6月21日
【審査/講評】NHK杯・全国高校放送コンテスト 広島県大会 審査員(ラジオドキュメント部門の専門委員)(於:広島市立舟入高等学校=広島)
2009年4月25日
【研究発表/討議】飯田 豊・南後由和「グラフィティのフィールドワーク ―都市論とメディア論からの接近」関西学院大学大学院GP研究班主催「『ストリート・ヴァンダリズム・参与観察』研究会」(於:関西学院大学 大阪梅田キャンパスK.G.ハブスクエア大阪=大阪)
2009年3月21日
【ポスター展示/トーク】飯田 豊・ 沼 晃介「南海放送ケータイ・トレール!」(南海放送 × 民放連メディアリテラシー実践プロジェクト × Media Exprimo)『MELL EXPO 2009』(於:東京大学 福武ホール=東京)
2009年3月7日
【講演】飯田 豊「ケータイでつくる学びの共同体」福山大学工学部情報工学科・人間文化学部メディア情報文化学科 共催「平成20年度 高等学校教員向け情報研修会」(於:福山大学社会連携研究推進センター=広島)
2009年2月20日
【実践報告/鼎談】飯田 豊・戒田節子・山内美帆子・平田瑛子・沼 晃介「愛媛のワカモノ☆コミュニティ マホラマ。」+ 水越 伸・土屋祐子・飯田 豊「パネルディスカッション」民放連メディアリテラシー実践プロジェクト報告会(於:日本民間放送連盟=東京)
2009年2月12日
【講演】飯田 豊「理系と文系、そのあいだ ―メディア論を例に」広島県立尾道北高等学校 特別講義(於:広島県立尾道北高等学校=広島)
2009年2月8日
【審査/講評】広島県高等学校放送文化連盟 福山支部・尾三支部 番組制作コンテスト 審査員長(於:広島県立誠之館高等学校セミナーハウス=広島)
2009年1月11日
【ラジオ出演】南海放送ラジオ「みんな集まれ!マホラマ。―高校生とラジオを考える・メディアリテラシー活動報告会」(於:南海放送=愛媛)
2008年11月15日
【研究発表】飯田 豊「初期テレビジョンにおける「公開実験」研究 ―科学技術社会論/メディア論からの展望」第13回視聴覚文化研究会/第2回神戸芸術学研究会(於:神戸大学文学部=兵庫)
2008年10月22日
【講演/ワークショップ】飯田 豊「ケータイって何だろう?」福山市立福山高等学校「i.dream 学問探究講座」(於:福山市立福山高等学校=広島)
2008年6月22日
【審査/講評】NHK杯・全国高校放送コンテスト 広島県大会 審査員(ラジオドキュメント部門の専門委員)(於:広島市立舟入高等学校=広島)
2008年4月26、27日
【展示監修】飯田 豊・伊藤昌亮・ペクソンス「文化とコミュニケーションのリデザイン」『MELL EXPO 2008』(於:東京大学 福武ホール=広島)
2008年2月23日
【問題提起/コーディネータ】ペクソンス・飯田 豊「ポピュラー文化、メディア文化との関わり」メルプラッツ第6回公開研究会「あらためてメディア・リテラシーを問う」(於:東京大学工学部新2号館=東京)
2008年2月10日
【審査/講評】広島県高等学校放送文化連盟 福山支部・尾三支部 番組制作コンテスト 審査員長(於:広島県立誠之館高等学校セミナーハウス=広島)
2007年9月26日
【講演】飯田 豊「メディア社会の安全と未来 ―マスコミ報道からケータイ利用まで」『福山大学公開講座 ―安心・安全な暮らし〈2〉』(於:三原市中央公民館中講堂=広島)
2007年9月22日
【講演】飯田 豊「メディア社会の安全と未来 ―マスコミ報道からケータイ利用まで」『福山大学公開講座 ―安心・安全な暮らし〈2〉』(於:福山大学20号館=広島)
2007年9月22日
【ラジオ出演】中国放送「びんご朝市! 井戸端ラジオ」(於:中国放送福山支局=広島)
2007年5月19日
【鼎談】佐倉 統・飯田 豊・河西由美子「学環・学府のこれまで、これから」『2008年度東京大学大学院学際情報学府修士課程入試説明会』(於:東京大学工学部新2号館=東京)
2007年4月29日
【討議】飯田 豊・遊橋裕泰・久米信行・原聡一郎「こどもとメディア」こども環境学会2007年大会『こども・まち・おとな ーキッカケの扉を開こう』(於:横浜市開港記念会館=神奈川)
2007年1月18日
【講演】飯田 豊「モバイルメディア社会の基層 ―可能性のデザインに向けて」慶應義塾大学環境情報学部「デザイン言語ワークショップ」特別講義(於:慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス=神奈川)
2006年6月30日
【討議】寺井元一・木谷健太・黒澤文子・飯田 豊・南後由和「グラフィティの制度化と管理 ―”リーガルウォール”をめぐって」『Cultural Typhoon 2006 in 下北沢』(於:北沢タウンホール=東京)
2006年6月10日
【講演】深代千之・山本隆一・飯田 豊・韓亜由美「学環・学府。ぶっちゃけ、どんなところなのか?」『2007年度東京大学大学院学際情報学府修士課程入試説明会』(於:東京大学工学部新2号館=東京)
2006年5月31日
【講演】水越 伸・飯田 豊「メディア史と日常生活」リビングサイエンス・セミナー『日用品の歴史』(於:NPO法人市民科学研究室=東京)
2006年3月25日
【研究発表】Yutaka Iida "Renga to Cambrian Game: As a Session for Collective Expression" InDiMedia Workshop (Aalborg University=Denmark)
2006年3月23日
【研究発表】Yutaka Iida "Renga to Cambrian Game: As a Session for Collective Expression" MIL Project Open Research Meeting (Copenhagen University=Denmark)
2006年3月20日
【研究発表】Yutaka Iida "Renga to Cambrian Game: As a Session for Collective Expression" ARKI Project Workshop (Media Lab of The University of Art and Design in Helsinki=Finland)
2006年3月3、4日
【展示監修】木暮祐一・飯田 豊「モバイル社会史」「モバイル社会シンポジウム2006:未来体験と交響する英知」(於:NTT InterCommunication Center=東京)
2005年6月4日
【講演】安斎利洋・飯田 豊・鳥海希世子「学環・学府まんだら」東京大学大学院情報学環・学際情報学府シンポジウム『智慧の環・学びの府:情報知の叢生と繁衍』(於:東京大学武田先端知ビル=東京)
2005年5月17日
【研究発表】飯田 豊「ケータイの自明性を問い直す」メルプロジェクト公開研究会「メルプロジェクトの相貌(1)メディアを遊ぶ・その自明性を問いなおす」(於:東京大学大学院情報学環=東京)