I TOP I contact I
メディア論、メディア技術史、文化社会学を専攻している飯田豊(立命館大学)のウェブサイトです。
 
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

sign.jpg

81i907D82P81j8B408AB8EAE82CC81u96CD8C5E83e838C839483C83W8387839381v81i81w838983a83I82CC93FA967B81x1929.681j.jpg

テレビジョンの技術史

昭和初期のテレビジョン技術史を辿ることによって、その過程において、いかなる視聴空間の可能性が模索されてきたかを明らかにしてきました。われわれの生活に根ざした「テレビ」というメディアについて、「放送」や「マス・コミュニケーション」といった概念との関わりを自明とせず、その成り立ちを根源的に問い直すこと。具体的には、「テレビ」の定時放送が始まる以前、博覧会や展覧会、百貨店の催事場などで、受像機の公開実験が人気を博していた1930年代に焦点をあてています。

詳しくはこちら

名称未設定.jpg

無線の技術史、ケータイのメディア史

僕たちは新しいメディアの「新しさ」を純粋に知覚することができないため、携帯電話は近年まで、「線の切れた電話」であるという隠喩的理解のもとで普及を遂げてきました。しかし、携帯電話に代表されるモバイルメディアの潜在的な可能性を見据え、より望ましいあり方を発現させていくためには、それが「電話」の延長線上に社会化したという自明性を「異化」する歴史的補助線が必要であるのではないでしょうか。

詳しくはこちら

_NowPrinting.jpg

技術思想としてのアマチュアリズム

電気通信技術の専門家と非専門家のあいだを媒介する営みの系譜を「アマチュアリズム」という概念で束ね、その乖離をいかに超克しようとしてきたのか、その思想的背景を明らかにすることで、これからの電気通信に関する技術知と生活知の循環、研究機関や産業資本に対する市民参加のあり方を展望します。本研究は2011〜12年度、(財)電気通信普及財団の援助を受けています。

DSCN1038.JPG

【共同研究】マスメディアの文化とリテラシーに関する実践研究

「マス・コミュニケーションの時代」から「マスがコミュニケーションする時代」へ。そのときメディア、コミュニケーション、リテラシーはどのように変化するのか、構想しうるのか。マスメディアと市民の回路作り、新たなマス・コミュニケーションのあり方を模索する「マス&コミュニケーション」プロジェクトに参加しています。これまで「民放連メディアリテラシー実践プロジェクト」という、マスメディアと市民の協働的メディアリテラシーの構築を目指す共同研究に取り組んできました。

詳しくはこちら

3.jpg

【共同研究】モバイルメディアの文化とリテラシーに関する実践研究

準備中

詳しくはこちら

名称未設定.jpg

【共同研究】情報デザインによる市民芸術創出プラットフォームの構築

「情報があふれかえる社会から表現が編みあがる社会へ」をキャッチフレーズとする、「情報デザインによる市民芸術創出プラットフォームの構築」という研究プロジェクトに参加しています。これまで県域の放送局などと連携し、ITを活用して人びとの表現活動を支援する社会実践のプログラムを開発してきました。こうした試みの重要性は震災後、ますます高まっているのではないかと思います。

詳しくはこちら

名称未設定1.jpg

グラフィティの文化社会学

準備中

詳しくはこちら