I TOP I contact I
メディア論、メディア技術史、文化社会学を専攻している飯田豊(立命館大学)のウェブサイトです。
 
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

_NowPrinting.jpg


ワークショップ

2011年8月7、8日
朝倉民枝、杉本達應 + 飯田 豊研究室「メディアリテラシー体験講座 ピッケのつくるえほん/映像はどうやってできているのかな?」青少年育成尾道市民会議(於:おのみち生涯学習センター=広島)
2011年8月5、6日
三宅正太郎・飯田 豊『福山大学 高校生番組制作ワークショップ2011』(於:福山大学人間文化学部=広島)
2010年11月21日
飯田 豊・杉本達應・高宮由美子「デジタル伝言ゲームにチャレンジ!」発達に応じたコミュニケーション体験事業(独立行政法人福祉医療機構社会福祉振興助成事業)『メディア表現によるコミュニケーションスキルアップ講座』(於:広島市女性教育センター=広島)
2010年8月8日、20日、21日
みやばら美か、杉本達應 + 飯田 豊研究室「メディアリテラシー体験講座 映像づくりに挑戦しよう!」青少年育成尾道市民会議(於:おのみち生涯学習センター=広島)
2010年7月23日
飯田 豊・高宮由美子・金 ヨニ「ケータイで遊ぼう!メディアキッズ! ―表現の新たな可能性を求めて」2009年度ドコモ市民活動団体への助成事業(於:行者山太光寺=広島)
2009年11月4日
飯田 豊「ケータイって何だろう?」福山市立福山高等学校「i.dream 学問探究講座」(於:福山市立福山高等学校=広島)
2009年8月25、26日
伊藤昌亮・飯田 豊(合同ゼミ)「フォトエッセイ鞆の浦」(於:福山大学社会連携研究推進センター=広島)
2009年8月5、6日
三宅正太郎・飯田 豊『福山大学 高校生映像制作ワークショップ2009』(於:福山大学社会連携研究推進センター/福山大学人間文化学部=広島)
2008年11月23、24日
高宮由美子・飯田 豊・土屋祐子 平成20 年度独立行政法人国立青少年教育振興機構助成事業 メディアリテラシーをまなぶ『子どもとメディアパフォーマンス体験事業2008』(於:広島市まちづくり市民交流プラザ 6F マルチメディア実習室=広島)
2008年10月22日
飯田 豊「ケータイって何だろう?」福山市立福山高等学校「i.dream 学問探究講座」(於:福山市立福山高等学校=広島)
2008年8月9、10日
三宅正太郎・飯田 豊『福山大学 高校生映像制作ワークショップ2008』(於:福山大学人間文化学部=広島)
2007年3月16日
Media Exprimo + MoDe Project “DJ Collage Workshop”, New Media: User Generated Challenges (Aalborg University=Denmark)
2007年3月13日
Media Exprimo + MoDe Project “DJ Collage Workshop”, “Media Exprimo”: Exploring a New Dimension of Information Design for People's Media Narratives (Copenhagen University=Denmark)
2006年10月28日
水越 伸・北村順生・林田真心子・鳥海希世子・飯田 豊「ケータイってなんだろう? ―大切で、あやうくて、楽しいメディアをふり返るワークショップ」『地域ICT未来フェスタ2006 in にいがた』(於:朱鷺メッセ=新潟)
2006年3月4、5日
安斎利洋・中村理恵子・水島久光・伊藤昌亮・林田真心子・飯田 豊・古川柳子・鳥海希世子・水越 伸「メル・ギャラクシー(コミュニケーション&デザインの銀河系)」『メルプロジェクト・シンポジウム2006:メディア表現、学びとリテラシー:メルプロジェクトの播種』(於:東京大学法文2号館=東京)
2005年11月2、3日
水越 伸・伊藤昌亮・林田真心子・飯田 豊・古川柳子・鄭 朱泳・安斎利洋「Tokyo Patchwalk; Keitai Cambrian 2005」国際会議『Fieldwork Untethered Symposium』(於:慶應義塾大学三田キャンパス=東京)

放送局が取り組むメディアリテラシー実践活動に、アドバイザーとして関わっています

2012年度
広島ホームテレビ(日本民間放送連盟メディアリテラシー活動助成事業)
2009年度
和歌山放送(日本民間放送連盟メディアリテラシー実践プロジェクト)
2008年度
南海放送(日本民間放送連盟メディアリテラシー実践プロジェクト)
2008年度
岡山放送(日本民間放送連盟メディアリテラシー実践プロジェクト)